500円から使えるメール配信システム「エクメルン」

初期費用も月額費用も無料で500円から使えます。メールアドレスを含むエクセルファイルをブラウザ画面上にドラッグ&ドロップし、あとは件名や本文などを入力するだけでメールを送ることができます。

導入の経緯

網元AMIセルフホスティングプランを選んだ理由は?

synergy-marketing

別案件で利用したことがありました。導入時も運用時もさして問題が起こったことがなく、安定稼働していました。また、費用面でも気になるところは特にありませんでした。

どこで網元AMIセルフホスティングプランを知りましたか?

AWS Marketplaceで、セットアップ済みWordPressを探していて知りました。

網元AMIセルフホスティングプランに決めたポイントは?

導入の手軽さと応答(表示)の速さですね。よくあるレンタルサーバでこれらを実現するのは難しいと思います。

プロセス

網元AMIセルフホスティングプランを使うにあたって(移行するにあたって)不安はありませんでしたか?

網元に関する情報がFAQやブログに多くあるため、不安は感じていませんでした。インフラ構築未経験でしたが、つまずくところもあまりなかったです。

網元AMIセルフホスティングプランのパフォーマンスやサポートはいかがですか?

パフォーマンスにはとても満足しています。また、サポートに関しては1度だけ問い合わせをしましたが当日中に回答をいただけましたし、そもそもFAQやブログに情報が多くあるためほとんど問い合わせる必要がなかったです。「サポートに問い合わせしなくても独力で作れる、使える」というのはサービスとして本当に素敵ですね(^^。

網元AMIセルフホスティングプランをどのようなサイト(案件)で使われていますか?

「エクメルン」のブランドサイトで利用しています。

メール文例集を随時追加・更新するためにWordPressを利用しています。この文例集への突発的なアクセスへの対策や、時折実施する大規模な広告施策によるアクセス数が読めないことから、可用性を高めてくれる網元はMustだと思っています。

導入効果・今後の展開

網元AMIセルフホスティングプランを使ってみて良かったところは?

チューニング済みのWordPressが手軽に利用できるところ、表示がすごく速いところに満足しています。あと、同梱されているプラグインもなにげにうれしいですね。

 

網元AMIセルフホスティングプランをこれから使われる方へアドバイスはありますか?

網元単体でも高速に表示されますが、余裕があればAWSのCloudFront (CDN) と併用することをおすすめします。低コストで手軽にサイトをより高速、セキュアにすることができます。CloudFrontにキャッシュさせなくても、とりあえず併用すればDDoS攻撃の対策もできるのでいいと思います。

※ちなみに「エクメルン」のバックエンドでもAWSを活用しています。

網元AMIセルフホスティングプランへの要望があれば教えてください。

うーん、あまり思いつかないですね。これからもWordPressを利用する機会があれば、またお世話になりたいと思っています。(^^)/